スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ファミ通読者が選ばなかった"俺"的ベストゲーム
ファミ通読者が選んだ心のベストゲーム100に関する記事に続いて。
 
最初にお断りしておきますが、こういうタイトルで始まる記事の大半は面白くありません。
僕の記事もまた、当然そのうちの一つに過ぎません。興味のある方だけどうぞ。
僕の記憶に残ったゲームで、極力ミーハーな部分を取り除いて、
それでも何故、トップ100に入らなかったんだ(´・ω・`)と疑問が残ったゲームを
いくつかご紹介します。

〜RPG部門〜
リンダキューブアゲイン(PS)
(↑リンクはスクリーンショットの一つもない投げやりな(コラ!!)公式HPにジャンプ)

プレーヤーは8年後に滅びることが確定してしまった星に生まれた主人公、ケンとなり、
将来を誓いあった女性、リンダと共にその星に住む動物たちのつがいを
時間の許す限り収集し、天から授けられたハコブネに乗せて星からの脱出を試みます。

PCエンジン版からの移植作であり、同時にPSに移植される時、
そのやや暴力的な表現によって三角シールの冠をあしらわれた異色作
時代に逆行したチープな画面と、親切なのか不親切なのか分からないゲーム性。
普通のRPGに飽いた、大人の人にこそ是非とも遊んで頂きたいRPGです。

リンダキューブアゲイン(PlayStation the Best)
リンダキューブ完全版(セガサターン・内容はほぼPS版と同じです)

〜アクション部門〜
スーパードンキーコング

RPG部門がキツメの作品だったのでこちらは穏やかなものを(笑)

マリオシリーズのみならず、ヨッシーアイランドや星のカービィ、更にはメトロイドなど
今日まで数多くのアクションゲームを輩出してきた任天堂ですが、その中でもぜひとも
オススメしたいのはスーパードンキーコングです。

マリオシリーズで培われたアクション性は言うまでもなく、
二人のプレーヤーが個性の異なる二匹のコングをそれぞれ操作し、
交代で協力しながらプレイするという斬新な遊び方が可能な点は、他に類を見ません。

加えて、SFCとは思えない絶景とも言えるグラフィックと、
壮大な世界観を感じさせるBGM。
まだ動くSFCがあったなら(笑)是非とも遊んで頂きたい作品です。

SFCのシリーズは1〜3まで。全てオススメです。
GBのシリーズは画面が見にくいのであまりオススメしません。

スーパードンキーコングシリーズ(当然ながら正当な扱われていませんねorz)

ジョギング

というわけでひとまずRPG部門とアクション部門をクローズアップしてみました。
書いてたら手元にソフトがないのに、無性に遊びたくなってきたので本日はここまで。

他の部門でもやるかもしれませんが、やらないかもしれません。
| おけや | 01:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:00 | - | - |
Comment
リンダキューブっていうとアレですな。
野宿するとなぜかティッシュが無くなるRPG。

ヒロインのエロさと、狂気すら感じる動物の
デザインが素晴らしかった…。。
Posted by: 塩犬 |at: 2006/03/25 6:38 PM
ティッシュを強調しないでください(笑)
しかし今思えば子供がやるゲームではないな、と。
(初クリアは中坊の頃w)

舛田省治の陰謀で高山みなみはアフレコの時に
変なことをいっぱい言わされたという噂。

同氏プロデュースの「俺屍」も
いつかやってみたいですね。
Posted by: かぜおけ |at: 2006/03/30 2:27 PM








Trackback
まぁなんて今さら! そんな感じで前回の続きです。 ファミ通のランキングには入らなかったけど、 僕の心には残ったゲームをご紹介します。 なお、以下の文章は、僕の主観による独
世は並べて事も無し | at: 2006/04/12 9:52 PM

Recommend

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Twitter

Search

     

Entry

Comment

Trackback

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links