Page: 1/7   >>
下血

多分平気なふりは人生で割と重要なスキルだと思う。


人を見た目で判断する人には僕を病人だと判別することは出来ないだろう。


平気そうだから。


元気そうだから。


そんなわけあるか。


精一杯無理してんだよ。必死になって笑顔でいるんだよ。


でもそれももうそろそろ終わる。


いいよ。


未練はない。

| おけや | 22:51 | - | - |
力2

最近ずっと意識の根底に流れてるのはパワーバランスと正しい力の伝え方について。


得た力を、有り余る力を、物事を少しでも理想の方向に進めるために、ロスなく行使するための方策を。

| おけや | 08:02 | - | - |
従順

愚痴は零すけど行動は起こさない。


なぜなら他人にとっての私の価値は、

従順であることのみによって担保されているからだ。


ということを自覚しているのかいないのか。


ともかく、例え周囲の意にそぐわずとも断固として誇示できる、

自分の価値を身に着けなくてはいけない。

| おけや | 21:01 | - | - |
冷たい人間

何気なく生活していると、こっちのことを感情のある人間だと

思わない接し方をしてくる人としばしば会う。

 

押し売り。勧誘。酔っ払い。

 

なんだか周りがそうしてるので、そういう人相手にも

最低限の礼儀を持って接していたが、それは何年も前の話。

 

いつからか僕はそれらを人として扱うのをやめた。

 

だって不公平じゃないか。

 

どうしてみんな黙って耐えているのか。

「自分も相手を人と思わずに接していることがある」と思う節があるのか。

 

僕は欲しがらない人に何かを売りつけようとは思わないし、

信仰を人に押し付けようとも思わない。酒も飲まない。

 

だからそれらに対して、最初は無視し

(多くの人がするように「済みませんけど〜」というのからしない)、

しつこいようなら怒涛の剣幕で追い払う。

 

どうしてみんなそうしないのか不思議に思うようになった。

人にこの話をするとたいがい会話が終わってしまう。

 

 

ときどきふと我に返って、自分がものすごい冷たい人間になってしまったような気はする。

 

 

でもこれはすべて経験に基づいた判断、行動なのだ。

 

しつこい押し売りも、宗教勧誘も、絡んでくる酔っ払いも、

いちいち相手をするたびにひどく心を踏みにじられてきた。

 

相手は自分のことを人と思っていない。相応の扱いを受けるべきだ。

 

 

こうして日増しに人間の心を失っていく。

人間の心、ね。

 

 

人の気持ちを汲まないものを大事にはしない。

 

なら例えば認知症になった年寄りとか、軒先に巣を作る渡り鳥とか、

そういうのに対してもだんだん冷たく接するようになるんじゃないか。

 

実際なってきてはいないか。

そっちのほうが整合性が取れているものな。

 

 

冷たい人間。

| おけや | 21:01 | - | - |
差分

去年、起こったことの中で、起こると思ってなかったことを洗い出すために、一年前の自分の記憶が必要になる。しかしそれはとても困難なことで、起こったことは次々と記憶を上書きしていってしまう。


明日のことは分からないが、起こったことを最終的には受け入れて今があるという事実は、不確かな明日に対する用心をおろそかにしてしまう要因となっている。


今を、将来振り返ったときに鮮明に呼び起こすために、残せる方法は何だろうか。そんなことをぼんやりと考えている。

| おけや | 07:29 | - | - |
うるさい

自分個人で言えば身の回りに起こる大抵のことは精神の負荷にならないように受け入れるなり受け流すなりする心持ちは出来ているのだが何より心的負担となるのは狭量さを恥ずかしげもなくぶち撒ける周囲の大人達だ。奴らが発生させる耳障り極まりない雑音の数々から逃れるすべを僕は知らない。音はいとも簡単に発することが出来、一方でそれを拒むことはとても困難である。自分がああならないように心がけてこの先を生きていくしかないのか。


舌が荒れは酷くなる一方だ

| おけや | 21:12 | - | - |

「自分」を守れないのは力がないから。

相手が怖いのは力がないから。


力が要る。力をつけなくては。

| おけや | 12:35 | - | - |
ダブルスコア

自分が生まれた年に既に今の自分の年齢だった大人たちを見て何を思う。


その人たちは何を成さなかったのか。

自分は今の年まで何を成してこなかったのか。

その人たちの年になるまでこれから何を成すか。


ぼんやりと考えている。

| おけや | 00:52 | - | - |
クローン病

難治性、不可逆性、進行性の病気であることを改めて自覚すること。


その苦しみは同じ病気の人にしかわからないのだから、自分の身を守るための判断に対して、健康な人から何を言われようとも、どう思われようとも気にしないこと。


気の持ちようだ、治らないと思っているから治らないのだ、などという無責任なことを言う人とは直ちに距離を置くこと。


もう十分に病気と上手に付き合い、生きている。これ以上無理をしないこと。

| おけや | 07:52 | - | - |
手抜き

やれることはすべてやったか。否。どうして最良の手段を選べないのか。脳の欠陥。意識が混濁する。答えはわかっているか。わかっているはずだが、見えてないない。見ようとしていない。意識がどこかの階層でそれを拒んでいる。何故だ。その答えは、本当に大丈夫か。大丈夫では、ないのか。モヤモヤする。


万全を尽くすことを、必死になることを、どこか白けた目でみている。諦めている。根底にあるのは何。

| おけや | 22:00 | - | - |

Recommend

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Twitter

Search

     

Entry

Comment

Trackback

Category

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links